オートローンの審査基準について

【オートローンの審査基準】では、
皆様が知りたいオートローンの審査基準について
分かる範囲で解説・説明していきたいと思います。

まず、オートローンの審査基準を説明する前に、
オートローンそのものについて説明する必要があります。


ご存知の通りオートローンにはいくつかの種類があります。
そんなオートローンの種類とは、

●銀行系オートローン
●信販系(ディーラー)オートローン
●JAオートローン

などが主なオートローンです。


厳密に言うと信販系のオートローンは、
「ローン」では無く「クレジット」に分類されます。

ですが、ココでは一まとめに「オートローン」
表記しますのでそのつもりでご覧下さい。


上記にあげました各オートローンは、
それぞれ独自の審査基準をもってオートローンの審査をしています。

各オートローンの審査基準は公表されていませんが、
ご存知の通り銀行系・JAのオートローンが
比較的審査基準の高いオートローン
となっています。

信販系のオートローンについては、
見かけの金利が安くても、実際いは車両本体価格に
金利分を上乗せして金額提示している
場合などが多く、
正直なところ実態が不透明で分かり辛いです。

出来れば銀行系やJAのオートローンを通したいですね!


その為には幾つか知っておかねばならない事があります。


例えば・・・
銀行系のオートローンの場合、その審査も銀行独自の
保証会社によって行われる場合がほとんどで、
そのオートローンの審査基準は複雑です。

基本的にはクレジットカードなどの審査と
変わらない項目なのですが、注意しておきたいのは
「キャッシング機能付きクレジットカードの保有」です。

保有しているクレジットカードにキャッシング機能が付いていると、
いつでも簡単にキャッシングが出来ることから、
そのキャッシング枠・・・つまりあなたが借入れできる限度額を、
「借りたとみなして」審査される場合があります。

こうなると、現在は全くキャッシングなどの借入れが無くても
「借入れ有り」となるので、一気に審査には通りにくくなります。
こういった事態を避けるためには、キャッシング機能付きの
クレジットカードは持たないようにしておく方がベストでしょう。


また、銀行系やJAのオートローンの金利が安いからといって、
何が何でも通したくなって、一気に複数の銀行などで、
オートローンの審査をしてもらう事も避けた方が無難です。

理由は簡単で、オートローンの審査暦などは
全て「保証会社」の手の中です。
ですから複数の銀行などにオートローンの審査をしてもらっていると、
保証会社のブラックリストに載ってしまう恐れがあります。

そうなると当然オートローンの審査にも影響します。


銀行系やJAのオートローンは、
こういった「審査基準が高い」というリスクが伴います。

また、審査にかかる時間も長く、
「いざ購入!」って時になって審査に通らない・・・
なんて事もありうるので、その点は覚悟しておかねばなりません。


対策としては「フリーローン」と言うローンの審査を、
先に通しておく方法があります。

フリーローンとは、試用用途に制限の無いローンの事で、
金利は5.9%〜、限度額300万円〜500万円までが多く、
当然オートローンとしても使えるローンの事
です。


フリーローンは比較的審査も柔軟な傾向にありますので、
このフリーローンの審査が通らないようでは、
銀行系やJAのオートローン審査など通る訳がありません。

そういった事前調査の意味でも活用できますが、
何より重要なのは、購入直前にオートローンの審査が通らなかった場合、
フリーローンの審査に通っていればこちらを利用する事が出来る事
です。

スベリ止め的な発想ですが、申込金や年会費も無料なので
持っていて損は無いカードだと思います。


まぁ〜フリーローンにも色々ありますが、
オリックスVIPローンカードなどの安心できる企業のローンがいいですね!

↓↓↓

公式サイトを見る


また、銀行系やJAのオートローンは借入額100万円を超えると、
一気に審査基準が高くなると言われています。

そういった場合、借入額100万円以上の分はフリーローンで、
100万円以内は銀行系のオートローンで・・・
という借り分けも出来るので参考にしてみてください。


フリーローンで思い出しましたが、
先にご紹介した「オリックスVIPローンカード」が更に低金利になったようです。

>>オリックスVIPローンカード

公式サイトはこちら


なんと金利が3.0%〜16.8%で、資金使途自由のカードローンの中では最高水準の低金利です。

また、インターネット限定で特別に融資率の低いローンもあります。

>>オリックスカードレスVIP

↓↓↓

公式サイトで詳細を確認


融資計画によっては検討される価値は十分あると思いますよ!